nico(ニコ)

ブログ

アーカイブ

建築設計一覧

2017.11.9

Bar Book Box 

どーもnicoです。
10月上旬から始まった工事は最終の家具工事。
少しずつ進んでおります。
この計画はもともと有る紅茶屋さんの中に
Barが間借りをするという計画。

「Bar Book Box」という屋号でバーに必要な道具と本を入れた箱を持って
移動式ブックバーを営んできた依頼主さん。
その依頼主さんと打合せをしている中で形なっていった
お店づくりのテーマはやっぱり「Box=箱」
様々な話をしていましたが、結局この象徴的なアイコンに戻ってきました。

今は紅茶屋さんのが営業を再開していて、
「Bar Book Box」さんは開店準備中。
11月21日のオープンまでに何とか大きな家具工事を終えたいところです。

そして今日は今回の改装工事のカナメの家具が完成。
あとはテーブルと棚と細かな小物を残すのみです。
今回の家具工事のいっさいを引き受けてくれている
出雲崎の「ojn handmadehut」さんには本当に助けられています。
あと少し頑張ってください!

写真は「Bar Book Box」さんの居場所です。
かわいく出来ました。

IMG_1972

2017.10.15

店舗改装工事 着々と進んでいます

古町にあるお店をマイナーチェンジ。
とは言うものの やっぱり建築工事が入ると予想以上に変化します。

今回のお仕事は古町で20年も営業しているお店に、
新しいお店が間借りをするという計画。
20年間も時が流れてきたこの場所には 様々な人たちが行き交います。
この計画で僕が一番大切にしたのは
場所の雰囲気を壊さずに 自然に新しいお店を入れることでした。
1つの建物の中に2つのお店が混在するわけなので、
どのように住み分けをしてもらうかや、
共存エリアの使い方を整理することも考えました。

僕は新しく入るお店の方に依頼をしてもらったので、
正直なところ もともとのお店には1、2回しか行ったことが有りませんでした。
でもそのお店に集まる人たちとは繋がりは有り、
「みんなが気兼ね無く集まれる馴染みの場所」という印象を持っていました。
打合せを兼ねて お店に通うようになると
その建物の雰囲気や店主さんが作るお店の室礼、
集まるお客さんたちの雰囲気の端々がとても素敵で、
こんな風に20年かけて作り上げられてきたお店は
このままの方が良いのではないかと考えてしまうこともありました。

今はまだ工事中で少しずつ変化の一端が見えてきていますが、
この変化が時とともに自然と馴染んでくれて、
前からこうだったかのように みんなに過ごしてもらえたらなと思います。

IMG_1696

2017.9.28

建具屋さんの模型に思わずニヤリ

上越市で設計監理をしている住宅も木工事に入りました。
先日は2週間に1回の定例打合せ。
行くたびに少しずつ現場が変わっていて、とても楽しいです。
今回の打合せでは、内部の細かな部分の確認をしました。
そしてメインは建具屋さんとの玄関扉の枠の打合せ。
建具屋さんは
「絵で描いてもイメージがつかないから、立体を作ってみましたよ。
そうしたら2種類の納め方を思いついたのだけど、どちらが良いですかね?」
とのこと1/2スケールの枠の模型を見ながら改めて確認です。
下屋が掛かっているとは言え、外部に面するので水切れの良い納まりが良いと考えます。
複雑なコトはせずにシンプルな方を選びました。
シンプルな納まりなほど、建具屋さんにとっては精度を求められます。
素敵な玄関扉になりそうで嬉しいです。

IMG_1482

IMG_1481

IMG_1478

IMG_1494

2017.9.27

繋がりを大切に

どーもニコです。
ただ今進行中のお店の改装工事。
依頼主は人との繋がりを大切している方。
僕も繋がりの中で設計の依頼を受けました。
それはとても自然な流れでした。
でもそれを本当に自然と感じさせてくれるのが、
依頼してくれている方の素敵なまでの心遣いだと感じます。
そして今回の改装工事の家具を作ってくれる職人さんも、
やはり依頼主の大切な繋がりからでした。

僕がデザインした家具を
職人さんの感性でさらに素敵に仕上げてくれます。
同じ形でも作る人によって、一本の線がシャープに格好良くなったり
優しく柔らかで可愛くなったりします。
この仕事でつくづく感じているのは
自分が描く線を素敵に形にしてくれる人たちが
身近にいるということ。
それは一つの奇跡だと感じます。

以前、友人の服飾職人がミシンの動きについて
「こんな動きをしてくれるなんて奇跡だと思いませんか?!」
と熱弁を振るってくれました。
その時、僕は「でもそのように作られているのだから、むしろ計算されてますよね。」
などと笑いながら話していましたが、
今ならその奇跡の意味が分かる気がします。
必然であることも奇跡だということ。

もう一度その友人に会うことができたなら、
「その意味がようやく体全体で理解できたよ!」と伝えたいと思います。
今回こんな素敵な機会を作ってくださった依頼主に
本当に感謝です。

まだ工事はこれからですが、家具職人さんの工房に打ち合せに行ったら
素敵な家具が1つ完成間近となっておりました。
我慢しきれずパシャりと1枚。
完成が楽しみです。

IMG_1512

2017.9.17

リフォーム工事が大詰め

8月からユルユルと工事をしておりました。
「菜の花キッチン」さんの加工施設工事。
ご主人が色々な事を出来る方なので、私が提案した色々な事を
抵抗なくむしろ楽しんで一緒にやっていました。
電気工事士の免許をお持ちなので、電気工事を子供達交えて施工したり、
壁のペンキを塗ったり、極めつけは外壁に土壁を塗るために土作りからやっています。

※もちろん外壁は屋根がかかって、濡れる場所ではありませんので土壁でも大丈夫。

そして昨日建具が納品されました。あとは外壁の土壁のみ。
お客様の田植えが終わってからユルユルと始めます。

IMG_0199

IMG_0201

IMG_1029

IMG_1047

IMG_1049

IMG_1293

IMG_1384

IMG_1385

IMG_1406

IMG_1407

IMG_1409